Razer Huntsman V3 Pro|レビュー|光学式ラピッドトリガー最短0.1mm

Razer Huntsman V3 Pro

ついにRazerからもラピッドトリガー搭載キーボードが発売されました。

檸檬(フレンド)

ついにきた…!

ミヤル(筆者)

待ちに待った人も多いと思います。

檸檬(フレンド)

次はLogcoolの番だね。

ロジクールの発表も楽しみですが、razerから満を持して登場したキーボードがどんな性能なのか紹介していきます。

VALORANTプロでたくさんの選手が使用しています。

Razer Huntsman V3 Proをプレイしている主なVALORANTプロ選手

Syouta選手、stax選手、foxy9選手

ラインナップは全6種類あり今回はTenkeyless JPをレビューします。

目次

機能・性能

Razer Huntsman V3 Pro Tenkeylessの特徴を紹介します。

・光学式スイッチ
・PBTキーキャプ採用
・メディアコントロールキー採用
・アクチュエーションポイント(0.1~4.0mm)
・ラピッドトリガー搭載

Huntsman V3 Proのラインナップは以下の6つです。

キーボードサイズ配列価格
Huntsman V3 ProフルUS配列¥42,880
Huntsman V3 Pro JPフルJP配列¥36,980
Huntsman V3 Pro TenkeylessテンキーレスUS配列¥36,980
Huntsman V3 Pro Tenkeyless JPテンキーレスJP配列¥32,980
Huntsman V3 Pro Mini60%US配列¥29,880
Huntsman V3 Pro Mini JP60%JP配列¥26,980

サイズはフル/テンキーレス/60%があり、それぞれJP配列とUS配列が用意されています。

ミヤル(筆者)

ラインナップが豊富で選びやすいです。

蜜柑(初心者)

英字配列の方が高いんだね

光学式スイッチ

Razer Huntsman V3 Pro「第2世代 RAZER™ アナログオプティカルスイッチ」を採用しています。

Huntsman V2シリーズに搭載されていた光学式キースイッチとは異なり、アナログ入力に対応するため特別に設計されたものです。

ミヤル(筆者)

キーのガタツキが少なく安定して入力できます。

PBTキーキャプ採用

基本的にキーキャップには「ABS」「PBT」の二種類が多いです。

簡単に言うと、PBTキーキャップの方が高級で質感が高いです。

Razer Huntsman V3 Proは「ダブルショットPBTキーキャップ」を採用していて表面がザラザラしています。

Razer Huntsman V3 Pro

PBTキーキャップの特徴は以下の3つです。

 【PBTキーキャップの特徴

1,印字が消えない
2,硬質な素材なので、打鍵音もやや硬質になる
3,表面がサラサラに加工されているものは、長期間使ってもテカリが出ない

メディアコントロールキー採用

右上には音量調整やメディアコントロールなどを行うことが出来るマルチファンクションデジタルダイアルと専用コントロールボタンが備わっています。

マルチファンクションデジタルダイアルはダイヤル機能のほかにボタンにもなっています。

Razer Huntsman V3 Pro レビュー

デフォルトの設定としては以下の通りです。

専用コントロールボタン1XBOX GAME BAR
専用コントロールボタン21回タップ:再生/一時停止
2回タップ:次のトラック
3回タップ:前のトラック
マルチファンクションデジタルダイアル時計回り:音量アップ
反時計回り:音量ダウン
ボタン:ミュート

※フルサイスはボタンが3つで、miniサイズはダイヤル等ありません。

割り当て変更は”専用コントロールボタン1”のみソフトウェアから変更可能です。

ラピッドトリガー搭載

アクチュエーションポイントは0.1~4.0mmでラピッドトリガー感度は0.1~1.0mmの長さを0.1mm単位で調整できます。

アクチュエーションポイント:キーを押し込んだ時に反応するポイント
リセットポイント:キーを離したら入力OFFになるポイント
   →従来はスイッチごとに入力ON,入力OFFの感度が固定になっている。

ラピッドトリガー:キーを少しでも戻せば入力がOFFになる機能。再びキーを押すとその時点から入力ONとなる。

キーストロークにおけるオン位置・オフ位置を指の動きに合わせてリアルタイムに可変させることで、VALORANTで重要なストッピングが格段にやりやすくなります。

ミヤル(筆者)

リセットポイントも0.1mm単位で設定できるのも良いですね。

外観・打鍵感

それではRazer Huntsman V3 Pro Tenkeyless JPを開封していきます。

Razer Huntsman V3 Pro レビュー
表面
Razer Huntsman V3 Pro レビュー
背面

いかにもRazerらしい見た目です。

ミヤル(筆者)

開封するだけでわくわくしてきます。

Razer Huntsman V3 Pro レビュー
Razer Huntsman V3 Pro レビュー

キーボードの縁が少なくコンパクトなつくりです。

背面には5か所滑り止めがついていて安定して使用できます。

Razer Huntsman V3 Pro レビュー
Razer Huntsman V3 Pro レビュー

高さ調整は1段階で、高さは意外と低いです。

Razer Huntsman V3 Pro レビュー

外観:航空機用アルミニウムを採用した高耐久キーボード

リストレストはマグネット仕様でキーボード本体にくっつくようになっています。

Razer Huntsman V3 Pro レビュー

リストレストの手を乗せる部分はレザーレット製で、キーボードと合わせるとより高級感が際立ちます。

付属品

付属品はシンプルでステッカーがあるのは珍しいですね。

Razer Huntsman V3 Pro レビュー
付属品

・リストレスト
・ケーブル
・説明書
・ステッカー

打鍵感:底打ちすると金属音がする

打鍵時にはそれなりに大きな音が鳴るので、静音性を求める方にはあまりおすすめできません

ですが、性能と動作安定性の高さは両立をしているため、ゲーム用途オンリーなら優秀です。

良いところ

Razer Huntsman V3 Proのメリットは以下の2つです。

①操作の正確性が高い
②ゲーム以外でも使いやすい

操作の正確性が高い

さすがRazerというべきで、ラピッドトリガーの反応も早くキーの正確性も高いです。

今現在、ラピッドトリガー機能はたくさんのキーボードにありますが、チャタリングや反応がいまいちなキーボードもありますが、Razer Huntsman V3 Proはその心配がないので安心してゲームに集中できます。

ゲーム以外でも使いやすい

コントロールキーだけでなくリストレストもあるので普段使いでも重宝しています。

特に音量調整ボタンは便利ですぐ調整できるのはありがたいです。

また、リストレストもマグネット式でくっついてくれてちょうど良い高さなので手首が痛くなることはありません。

いつも使ってなかったんですがリストレストがあると快適さが変わります。

気になるところ

Razer Huntsman V3 Proのデメリットは以下の2つです。

①打鍵音がいまいち
②高価なわりに作りがシンプル

打鍵音がいまいち

キーも重く、底打ちしたときに金属音がするのが「うーーん、なんか違う…」というのが正直な感想です。

押下圧40gですが、底打ちまでが重たいので磁気式キースイッチの45gと比べて重たく感じていまいます。

ミヤル(筆者)

キーを押したときの抵抗感が少し気になります。

高価なわりに作りがシンプル

一番高いので4万円と高く性能が良いだけにケーブルの取り外しやキーボード本体にUSBポートがないので少し残念です。

あったからと言って特別不便ではないですが、2万円台でも付いているキーボードもあるのでそうしても気になってしまいます。

Razer Huntsman V3 Pro:レビューまとめ

Razer Huntsman V3 Proの評価とどんな人におすすめか紹介します。

総合評価

Razer Huntsman V3 Pro Tenkeyless
(4.2/5)

打鍵音がいまいち
高価なわりに作りがシンプル

操作の正確性が高い
ゲーム以外でも使いやすい

ゲーム性能は他のキーボードと比較すると優秀なのは間違いないですが、打鍵感,打鍵音でいうと少し劣っている部分があると思うので全体の評価は☆4.2としました。

ミヤル(筆者)

私は打鍵音にはこだわりたいのでもう少し力を入れて欲しかったです。

どんな人におすすめ?

Razer Huntsman V3 Proは以下の人にオススメできます。

・ゲーム特化のキーボードが欲しい方
・Razer製品で揃えてる方

ゲームで勝ちたい方には強くオススメできるキーボードです。

ゲームだけでなく普段使いにもこだわりたい方は「GX1」や「VK600A」がオススメです。

檸檬(フレンド)

GX1は打鍵音が特に良いよ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

みやるのアバター みやる 一般ゲーマー

3度の飯よりゲーム好き。

・FPS歴10年以上
・PC自作経験あり
・1年で1500時間プレイしたことも...

PCゲーム始めたての頃、何のデバイスを買ったら良いか分からず何度も買い替えました。「失敗しないデバイス選び」「快適なゲームライフを送ってほしい」をモットーに気になったデバイスを初心者にもわかりやすく且つ正直な感想でレビューしています。

FPS遍歴(KZ|BF|COD|PUBG|APEX|VALORANT)

コメント

コメントする

目次