DrunkDeer G65|レビュー|コスパ最強ラピッドトリガー搭載キーボード

DrunkDeer G65 レビュー

ラピッドトリガー搭載キーボードって高いのが多いですよね。

ミヤル(筆者)

そんな方には、DrunkDeer G65がおすすめです。

DrunkDeer G65はDrunkDeer A75(75%キーボード)から新しく65%サイズモデルです。

ラピッドトリガーを搭載していながら2万円以下で購入できるので非常にコストパフォーマンスに優れたキーボードになっています。

目次

機能・性能

DrunkDeer G65の特徴を紹介します。

・65%サイズ
・磁気スイッチ
・IP66(防水・防塵対応)
・衝撃吸収チルトレッグ搭載
・アクチュエーションポイント(0.2~3.8mm)
・ラピッドトリガー(0.1~3.6mm)

キー配列英語配列
接続USBType-C
キーサイズ65%
キースイッチLekker
キーキャップPBT ダブルショット
AP0.2~3.8mm
押下圧30-60g
サイズ310x102x30mm
重量580g
価格¥14,00

価格も14000円と安く、性能も申し分ないので初心者の方におすすめです。

また、コンパクトな65%サイズでデスクトップ上のスペースが広くとることができます。

キーキャップはPBT素材30%以上含んでいるので、耐摩耗性と耐高温性もバッチリです。

ミヤル(筆者)

色あせの心配がないのは嬉しいです。

磁気式キースイッチ

磁気式キースイッチは一言でいうと、磁石と磁気センサーを組み合わせたスイッチのことです。

磁力の変化を入力として検知する仕組みでメカニカルキースイッチのような機械的な接点がないので、耐久性に優れているのが特徴です。

IP66(防水・防塵対応)

ゲーミングキーボードには珍しく防水・防塵に対応しています。

IP66は強風による粉塵が内部に入らず、豪雨でも浸水の恐れがない防塵防水仕様になっています。

檸檬(フレンド)

いったいどんな過酷な所でゲームするんだろ笑

飲み物をこぼしてしまうのはやりがちなので、もしこぼしてしまっても比較的安心です。

ミヤル(筆者)

コーヒーをこぼしてキーボードをダメにしたゲーム友達がいました…

衝撃吸収チルトレッグ

G65の一番注目すべき特徴は、この衝撃吸収チルトレッグです。

DrunkDeer G65 レビュー

特許取得済みの衝撃吸収構造という独自設計のケースで、簡単に説明するとタイピング時に沈み込むことで負荷が軽減する構造になっています。

高品質のアルミニウムプレートがノイズと摩擦の干渉を抑え、ほとんどの摩擦とノイズを排除し、滑らかなリニアタイピング触覚のみが残ります。

タイピング時にガスケット構造のように沈み込みが発生し、負荷を分散させる効果があるので長時間のタイピングやゲーム時のキーの押し込みでも指が痛くなりづらい印象を受けました。

ミヤル(筆者)

その代わり、高さ調整機能がないので注意しましょう。

ラピッドトリガー搭載

DrunkDeer G65のAP、RPの機能について紹介します。

最新のアプデでどちらも0.1mm単位で調整できるようになりました。

・アクチュエーションポイント(0.2~3.8mm) 0.1mm単位で調整可能
・ラピッドトリガー(0.1~3.6mm)  0.1mm単位で調整可能

さらに、ターボモードをONにすると低遅延モードになるのでより快適になります。

ソフトウェアについて

  1. 公式のダウンロードページからzipファイルをダウンロード
  2. zipファイル解凍後、上記画像のアプリケーションを起動
  3. アプリケーションから「Start update」をクリック

ソフトウェアでは以下の設定ができます。

1.Turbo Modeのオンオフの切り替え
 オンにすることで遅延が少なくなる。
 ライティング青固定になる。
2.ラピトリのオンオフの切り替え
3.アクチュエーションポイント(AP)の設定
 0.2mm-3.8mmの間で0.1mm間隔で設定可能。
4.キーボードの押し込み具合を確認できる
5.再アクティブ用のアクチュエーションポイントを設定
 0mm-3.6mmの間で0.1mm間隔で設定可能。
 キーが入力OFFになってからどのくらい押したら反応するか設定できる。

外観・打鍵感

それでは、DrunkDeer G65を開封していきます。

外観:黒と赤がマッチしている

箱は黒基調でまとめられていてとてもシンプルです。

DrunkDeer G65 レビュー
正面
DrunkDeer G65 レビュー
背面

開封すると底にショートカットキーの説明が書いてあります。

DrunkDeer G65 レビュー
DrunkDeer G65 レビュー
ミヤル(筆者)

この価格帯でケーブルの取り外しができるのは嬉しいです。

DrunkDeer G65 レビュー
DrunkDeer G65 レビュー

キースイッチはA75と同じRaesha製の磁気スイッチが採用されています。

付属品

付属品はとてもシンプルでケーブルとキーキャッププーラーのみです。

DrunkDeer G65 レビュー
付属品

・キーキャッププラー
ケーブル(USB AtoC)

打鍵感:抵抗がなくスッと入力できる

音は少し大きめでスコスコと気持ちの良い打鍵音になっていました

wootingやAPEXPRO比べてると底の押下圧が60gのため、キーが重たく感じるかもしれません

ですが、キーのガタつきもほとんどなくスッとキーがまっすぐ降りるので誤入力が減ります。

檸檬(フレンド)

APEXPROはキーのガタつきは少しあるよね。

良いところ

DrunkDeer G65のメリットは以下の2つです。

①ラピトリの中では安い
②矢印キーがある

ラピトリ搭載の中では安い

DrunkDeer G65はラピッドトリガーの中では特に安い部類に入ります。

APEXPROなどの有名キーボードは2〜3万するなか、2万以下で購入できるのは魅力的です。

現在は17000円ほどです。

矢印キーがある

そこが良いの?っと思う方がいるかもしれませんが、普段からWooting(60%)などのコンパクトなキーボードを使っていると、「矢印キーがあればもっと便利なのになぁ」となる場面がよくありました。

ミヤル(筆者)

日常使いもする人には分かってもらえると思ってます笑

はじめて60%サイズのキーボードを使ったときに矢印キーの重要性に気づきました。

気になるところ

DrunkDeer G65のデメリットは以下の2つです。

①ソフトウェアが日本語非対応
②高さ調節ができない

ソフトウェアが日本語非対応

DrunkDeerのソフトウェアは日本語に対応していません。

普段から他のキーボードを使っている方な操作で困ることはないかもしれませんが、初心者の方には少しハードルが高いかもしれません。

ですが、意外と直感的に操作できたのですぐ慣れると思います。

高さ調節ができない

G65にはチルトスタンドがないため、標準の角度7度から変更はできません。

高い方が良いなどのこだわりがある方には不向きなキーボードです。

ですが、衝撃吸収チルトレッグがあるので打鍵時の疲労感をやわらげてくれます。

ミヤル(筆者)

あのWootingも高さ調節はできないので特にこだわりがない方にはオススメです。

DrunkDeer G65 レビューまとめ

DrunkDeer G65の評価とどんな人にオススメなのか紹介します。

総合評価

DrunkDeer G65
(4.0/5)

ソフトウェアが日本語非対応
矢印キーがある

ラピトリ搭載の中では安い
見た目がおしゃれ

価格帯では充分な性能だと思いますが、あと5千円だけど性能がトップレベルに近いAPEXPROに手が届くと考えると「うーーん」となったのでら星4にしました。

ですが、価格を抑えてラピッドトリガー搭載キーボードを手軽に試してみたいという方に最適です。

どんな人におすすめ?

DrunkDeer G65は以下の人にオススメできます。

・初めてラピットトリガーを試す方
・デバイスにお金をかけたくない方
・有名メーカーにこだわりがない

以下の3つの理由から初心者の方に特にオススメできるキーボードです。

ラピッドトリガーは試してみないと分からないのでぜひ試してみてください。

少しお金がかかっても性能の良いキーボードが欲しい方は「Wooting 60HE」や「GX1」がオススメです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

みやるのアバター みやる 一般ゲーマー

3度の飯よりゲーム好き。

・FPS歴10年以上
・PC自作経験あり
・1年で1500時間プレイしたことも...

PCゲーム始めたての頃、何のデバイスを買ったら良いか分からず何度も買い替えました。「失敗しないデバイス選び」「快適なゲームライフを送ってほしい」をモットーに気になったデバイスを初心者にもわかりやすく且つ正直な感想でレビューしています。

FPS遍歴(KZ|BF|COD|PUBG|APEX|VALORANT)

コメント

コメントする

目次